子どもの教育に対する考え方

学校の受験をするとき、第一志望、第二志望と志望校を決めます。

第一志望に実力が伴わないときの教育的な対応

子どもの教育に対する考え方 学校の受験をするとき、第一志望、第二志望と志望校を決めます。かなり前から決めることもあれば、直前に自分の実力から決めることもあります。直前に決める場合は、実力相応の学校を選ぶでしょうから、大きな問題はないでしょう。しかし、かなり前から決める場合は、何らかの行きたい理由があるはずです。その学校に魅力があり決めたのでしょう。

第一志望の学校に自分の実力が伴う場合、そのまま受験して問題はありません。しかし実力が伴わないときにどうするかがあります。教育的な対応として、高校進学の場合はあまり浪人を勧めることはありません。確実に合格できる学校にランクを下げる対応をすることもあります。自分の行ける学校から、魅力のある学校を見つける必要があります。

大学進学の場合、世間的には浪人をする人も多くいます。将来にも大きく影響しますから、どうしても行きたい学校があり実力が伴わないときは、もう一年先を見ることもあります。高校受験同様、志望校を練り直すこともあります。